心理セラピー



「自信がない」「劣等感」「落ち込み癖」などの悩みを克服して、ありのままの自分を受け入れる為の、高品質な心理セラピーを提供します。

福岡 心理セラピー



心理セラピー



人それぞれの悩みは違いますが、悩みの根本原因は子供の頃(主に0〜15歳まで)に身につけた信念です。
(対人関係、成長関係、精神・身体関係、自己価値関係、生存関係)


ビリーフとは、幼少期に家族の中で「生き延びるため」「愛されるため」に身につけた生き方のルールです。


子供の頃には必要だったそのルールを、大人になった今使い続けることで様々な悩みとして現れてきているのです。


時代遅れになったそのルールを書き換えて、今のあなたにあった生き方を身につけていくお手伝いをします。


当院で行っている心理セラピーは、心理療法で多い傾聴スタイルのセラピーではなく、悩みの根本原因に積極的にアプローチする問題解決に特化した心理療法です。


あなたの悩みを根本から解決して、幸せな人生を歩んでいきましょう!


福岡 心理療法



ビリーフとは?

僕たちの悩みの原因にあるのは0〜15歳までに両親との関係で作られた思い込みが関係しています。


その思い込みの中でも主に「〜であってはいけない」という禁止型の思い込みの事をリミッティングビリーフと言いますが、これが僕たちの悩みの根本原因にあります。


僕たちがある状況や出来事に身を置いた時の反応(思考、感情、行動)はビリーフと呼ばれる無意識レベルの信念・価値観によって決定されます。



状況(出来事)→ 思考(意味づけ)→ 感情(喜・怒・悲・恐)→ 行動(生理反応)→ 結果



例えば大学や能力も同じ、配属先や任されたプロジェクトも同じ二人(A君、B君)の新入社員がいたとします。


残念ながらこのプロジェクトは失敗して二人とも怒られました。


福岡 心理セラピー


A君は怒られた事で落ち込みました。


そして、最初に任されたプロジェクトで失敗したから部長を避けるようになりました。


やる気も無くなって、食欲もなくて、次第に休みも多くなってきて、最後にはとうとう会社にも行けなくなって、病院に行くとうつ病と診断を受けて会社は休職するようになりました。




もう一人のB君は、プロジェクトで失敗はして怒られはしたけど、新入社員の自分がプロジェクトに入ったという事は、期待されているに違いないと思いました。


そこから頑張ろう!と思って、自分が成長するために必要な勉強などに励むようになりました。





A君が会社を休職するまで落ち込んだ原因はなんだったのでしょう?


プロジェクトの失敗・部長からの叱責が原因でしょうか?


こういう場合、僕たちは原因を自分の外(ここではプロジェクトの失敗や部長からの叱責)にあるように思いますが、原因が失敗や叱責にあればB君もA君と同じように休職していないとおかしいです。

A君の場合


「出来事」
 プロジェクトの失敗、部長の叱責

      ↓

 6ヶ月後 
「結果」
 休職       
 気持ちの大きな落ち込み   


B君の場合


「出来事」
 プロジェクトの失敗、部長の叱責

      ↓

  6ヶ月後 
「結果」
 バリバリ    
 怒られた時は少し落ち込んだけど、その後気持ちは上がった





ここで質問です。

ビリーフ 福岡




Q1:A君とB君の違いは何でしょう?


A :ビリーフがあるかないかです。






Q2:A君がB君にどうやってなればいいのでしょう?(解決方法)


A :ビリーフを書き換えればいい






状況(出来事)→思考(意味づけ)→感情(喜・怒・悲・恐)→行動(生体反応)→結果


では、どのようにしてA君とB君の違いが起こっているかを上の状況、思考、感情、行動に当てはめて説明します。

状況(出来事)
プロジェクト失敗・部長の叱責

A君、B君とも同じ


   ↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ←ビリーフ(A君にあって、B君にはない)

   ↓


思考(パッとそんな感じがするなどの自動思考)
A君:私には価値がない(ビリーフがあるから自動反応する)
プロジェクト失敗した事で自分には価値がないんだと思い込んでいる


B君:私には能力がない
プロジェクト失敗したのは自分の能力が足りなかっただけで、自分の価値とは別と思っている


   ↓


感情
A君:大きな落ち込み

B君:叱責を受けた時は落ち込んだが、その後能力を上げる為に頑張ろうと気持ちが上がった


   ↓


行動
A君:休職

B君:バリバリ


※この思考、感情、行動は、状況(出来事)が起こってから、コンマ数秒の間に心の中で起こります。



上の図のように、二人とも同じ状況(出来事)なのに、ビリーフがあるとその後の反応が変わってきます。




では、この二人のリミッティングビリーフ(禁止型の思い込み)はなんでしょう。

リミッティングビリーフ


A君:「何かができる自分には価値があるが、ありのままの自分には価値がない」


B君: なし



A君がB君のようになるには「何かができる自分には価値があるが、ありのままの自分には価値がない」というリミッティングビリーフがA君の心の中で書き変わればいいのです。


A君は子供の時に、かけっこで1番やテストでいい点を取ったときだけお父さんやお母さんに褒められた経験があって、そうじゃなかった時のA君は褒めてもらえなくて「テストでいい点とる為にもっと頑張りなさい。」と怒られたり、「1番じゃなかったのね・・・」などのお母さんの悲しい表情や態度、声などの非言語や、そもそも1番やいい点を取ったときにしか相手にしてもらえなかったという経験であって、「1番じゃない僕は認めてくれないんだ〜」と思い込んで、一番やいい点を取れない自分って価値がないんだな〜と受け取ってしまったのかもしれません。


そうやって子供の頃にビリーフが作られていきます。


本当は何かができてもできなくてもA君の人としての価値が決まる訳じゃないのにね・・・


いい成績をとることは勿論いい事だけど、それでA君の人としての価値が決まる訳じゃないんです。




上のA君のように、何かで悩んでいる時には、あなたの心の中にあるリミッティングビリーフがあなたの「思考」・「感情」・「行動」を制限しています。


人の運命というのは、神様がサイコロを振って決めている運まかせのようなものではなく、日々の「思考」・「感情」・「行動」のパターンの繰り返しによって作られています。


上で説明した新入社員から半年の間でこのような違いがあるとしたら、1年後、3年後、5年後、10年後と年数を過ごして行けば行く程、A君とB君はもっと大きな違いが出てくるのは明白です。


人は誰も本来、健やかで豊かで幸せになるように生まれてきています。


それを制限するビリーフを外して、幸せな道を歩む一歩を僕と一緒に踏み出しませんか?


ビリーフ 福岡





セラピーを受けられた方の感想


50代 女性  フリーライター

「当時の様な重苦しさ、生きづらさはほとんどなくなりました。」

以前の私は、表面的には大きな問題があったわけではないけれど、今の自分自身や生き方にしっくりこない、何かが引っかかっていていつも少し息苦しい…と感じていました。
また、何となくいつも体調が優れず、すっきりしないのも悩みでした。


たまたまネットでビリーフチェンジセラピーのことを知った時、何かそこに解決のヒントがあるような気がして、協会主催の短期講座に足を運んだのが2017年秋のこと。
その時、アシスタントで入っていた吉武先生とお会いし、「よかったら、セッションも受けてみませんか」と声をかけていただいたのです。
翌年の春からビリーフチェンジセラピーの「プロセラピスト養成講座」を受講することになり、並行して吉武先生からセッションを受けることにしました。


半年間にわたり、毎月1回、吉武先生のセラピールームに通いましたが、最初はなかなかしっくり来ませんでした。
というのも、ビリーフチェンジでは、今の自分の問題の核となっているビリーフが作られた時(主に子どもの頃)の体験を思い出し、その時の感情を感じて、解放していくことがセッションの大事な「肝(キモ)」なのですが、私の場合、どうしてもその時の体験や感情をリアルに思い出すことができなかったのです。


40年近くも抑圧してきた記憶や感情は、そう簡単には出てきてくれず…。
正直、私にとってセッションはもどかしく苦しい時間でしたが、吉武先生は急かすことなく、私のペースで進めるよう、ゆっくり寄り添ってくれました。
感情を理性で抑えがちな私に合わせて、セッションの後にふり返りの時間をとってくれ、私に何が起きているのかを丁寧に説明してくれたことがとても印象に残っています。


吉武先生は、クライアントのペースや個性に合わせた「クライアントファースト」なセッションをされる先生だなと思います。
私の場合、劇的な変化というより、後からじわじわと効いてくるような感じで、あれから1年経った今、当時のような重苦しさや生きづらさはほとんど感じなくなりました。セッションを受けてよかったです。ありがとうございました。




30代 女性 主婦

半年前の自分はなんであんなに悩んでいたんだろうという感じです。

私がビリーフチェンジを受けようと思ったきっかけはお姑さんとの関係に悩んでいたのがきっかけです。

ビリーフチェンジを受ける前はお姑さんのわがままに振り回され、言いたいことも言えず、言いなりになっていました。
そしてストレスから鬱や不眠になっていました。
今思えば、好かれなければいけないとか、嫌われたくないと思っていたので、自分の感情を押し殺して我慢して相手に合わせていたんだと思います。

ビリーフチェンジでは、まず初めのカウンセリングで何を克服していくのかを探っていく作業をしました。
私の場合、人に対しての恐いという感情が強い事がわかりました。
恐いという感情が強いので、自分の主張を抑えてしまったり、相手に傷つけられるような事を言われても好かれたいという思いから断れない性格で周りについ合わせてしまう人でした。

後にビリーフチェンジを3回ほど受けただけですが、必要以上に好かれたいとか嫌われたくないとか思わなくなりました。
嫌な事は嫌と断れるようになりました。
お姑さんのいいなりになるのもなくなりました。
会っても気を使いすぎる事もなく、緊張する事も減りました。
ストレスも減ったので、鬱、不眠もいつの間にかなくなりました。

ビリーフチェンジは、過去の自分と向き合って感情の消化の作業をする思い込みを変えるという感じで、正直、本当の感情に向き合うのがイヤだなぁと思う事もありましたが、今は本当ちゃんと向き合って良かった。
ビリーフチェンジを受けて良かったと思います。
半年前の自分はなんであんなに悩んでいたんだろうというような感じです。
ビリーフチェンジを勧めて下さった事、出会えた事、悩みを親身に聞いてくださった事、本当にありがとうございました。
感謝です!




40代 女性 会社員

「人目が気にならなくなり、自分を支える土台が安定してきました」

ある日、横断歩道を渡っていた時に、
わたしに突然起こったこと。
背後から大きな声が突然かかったのです。
声をかけられたと錯覚したのかもしれません。
子供たちとその指導者のかたとのやりとりで、
たわいもない「ちょっと待って!」との言葉かけ。
心臓を射抜かれたようにズキュン!
その場から動けなくなってしまいました。
見つかってしまった!と思うと同時に
血の気が引いていくのを感じました。


すぐに、状況がわたしのことではないと
思い直しができましたが
なにに反応しているのか、不安が残りました。
偶然にもグループカウンセリングの日だったので、
セッションですぐにこの問題を扱ってもらいました。


誰かに監視されている、きちんとしていないといけない
見られないように、見つからないように
ひっそりとしていよう、としていた。
背後から大人がわたしに向かって(事実は子供に向かって、ですが)
その現象によって、潜在意識レベルで当時を思い出し、
身動きが取れなかったことがわかりました。
実は、ばったり人に会うのも、相手に気づかれるのも苦手で。
このまま、またいつ発作のように起きるかわからない
不安を抱えて生きていくのはもう嫌でした。


ビリーフチェンジセッション後、
わからない不安や、物音や大声が怖く
感じることは減ったと感じます。
人の目が気にならなくなったというか…
自分を支えている土台が安定してきたような。


史郎さんのセッションは温かく優しい。
ちょうどよい距離感で心に寄り添ってくれる。
安心してセッションを受けることができました。
ありがとうございました。



このような方にお勧めします。

劣等感が強い、すぐに「自分はダメ」と落ち込む、人前で緊張する、失敗を過剰に恐れる、人からの評価、人からどう思われているかが気になる、人から褒められても素直に受け取れない、プライドが異常に高い、自分の凄さを人にアピールしたくなる、人と親密になれない、仲が良くなってくると自分の方から壁を作る、人に触れられたり、触れるのが嫌、人に自分の物を触られるのが嫌、『依存的で自分で解決しようとしない、自分の力で深く考えられない、最後までやり遂げられない、大事なところでよく失敗する、いつも時間に遅れる、うっかりミスを繰り返すなどできない人の立場を取る』、人が怖い、人に対して指示的、支配的になってしまう、本当は自分が面倒を見て欲しいのに、人の面倒を見る役割になってしまう、人に気を使いすぎる、欲しい、いらない、好き嫌いといった意思表示ができない、人前ではしゃげない、対人恐怖症、パニック症、自分の考えを求められたり、考える場面になると、頭の中が真っ白になる、頭が混乱する、自分で決められないので「どうしたらいいですか?」と人によく聞く、考える前に感情的になってしまう(例えばキレる、悲しくなるなど)、特定のこと(お金、遊び、仕事、セックス等)について考えられない、「私は考えるのが苦手」「私は頭が悪い」と思っている、強迫性障害(観念、行為)、自分の感情を感じない、周りの人の感情に合わせてしまう、周囲の出来事に対して、いつも第3者の立場で客観視している、摂食障害、自律神経失調症、何をしても楽しめない、楽しいことをする前かした後に罪悪感を感じる、体調を崩す、「死にたい」という感覚を感じる、他傷行為(観念)、事故や大きな怪我を何度も繰り返す、ワーカーホリック、親が望むような自分でないといけないと感じる、過剰な競争心、理由なく自分に罪悪感を感じる、抑うつ状態、依存症(アルコール、薬物、ヘビースモーカー)、「自分の存在には価値がない」、「自分なんていない方がいい」と思ってしまう、存在感を示したり、目立ったりするのが苦手、怖い、自己主張ができない、人を信用できない、信用するという意味がわからない、人との距離感がわからない、グループ内で自分の悪口を言われているような気がする、信用できない人、嫌いな人に近づいては裏切られる経験を繰り返す、心身症、対象喪失、トラウマ、PTSD、恐怖症(尖端、水、生き物など)など・・・自分を大きく変えたい方や、悩みを根本解決したい方におすすめです。




料金について



初回カウンセリング:15,000円

初回カウンセリングとは?

初回カウンセリングは、クライアントさんが問題解決する為の設計図を作る作業をする事です。

家などの建築物を建てる時も、まず設計図を作って、二人で作成した設計図通りに作業(セッション)を進めていきます。

この工程を行う事で、2回目以降のセッションがうまく機能していきます。

具体的には、今悩んでいるお悩みをお伺いして、問題解決の原因を掘り下げていきます。

そして問題解決への方向性と、個人セッションの回数などを提示します。

個人セッションの回数は、ある問題に対しては○○のビリーフが関係しているだろうから○回位のセッションが必要などの、見積もりを立てていきます。

その中で、あなたが必要だと思う所だけ変わるためのセッションを受けられたらいいし、ここでお話しするのはあくまでご提案ですので気楽に受けられてください。



個人セッション:20,000円

初回カウンセリングで立てた設計図を元に、個人カウンセリングを行っていきます。

ビリーフチェンジは、悩みの根本原因に働きかけるので変化をする事に特化した効果的な心理療法です。



お申し込み・お問い合わせ

1)ご予約・お問い合わせの場合は、予約専用アドレスにメールを送ってください。

cloverchiro46@gmail.com

携帯電話からお申し込みの方は、こちらから返信メールが受信できるようにあらかじめ設定をお願いいたします。


2)ご予約メールには下記のご記載をお願い致します。

メールの件名は【個人セッション予約】

必要事項は、

1.お名前(よみがな)
2.セッション当日のご連絡のつく携帯電話番号
3.セッションご予約希望日(第1~第3希望日)
4.ご希望コース(初回カウンセリング、またはセッション)

■セッションご予約希望日時をお選びください。

記載されているお日にち以外にも、
ご希望の日時以外にも来られる日があれば、
お書きください。

たとえば、

「火・金曜日の午後なら、いつでも大丈夫です」
「平日19時以降か、週末が希望です」
「16、18日は空いています」

といった、ご要望があれば、合わせてお知らせください。^^


(3)折り返しのメールをさしあげます。そのメールを確認された旨、ご返信ください。

お返信をいただいた上で、ご予約確定とさせていただきます。




↑ページのトップへ


a:4477 t:3 y:0