筋緊張性頭痛、30代女性の施術(整体・福岡市) 

こんにちは。

福岡市南区のカイロ整体院、クローバーカイロの吉武です。


昨日お見えになられた患者さんで、
頭痛の方がおられたので今日の記事はその方の施術をご紹介したいと思います。

筋緊張性頭痛 女性


30代・女性・会社員(主婦)
定期的に通ってくださっている方の施術です。

昨日は左の米神(コメカミ)から上の側頭部の痛みでお悩みという事で、症状としては筋緊張性頭痛の部類に入る頭痛だと思います。

筋緊張性頭痛は頭痛の中でも最も頻度の高い頭痛で、鈍い締め付け感、圧迫感のある頭痛です。

偏頭痛の脈打つズキズキ拍動性の対象的に、筋緊張性頭痛の場合は痛みが軽度〜中程度なのでお仕事や家事などの日常生活はできます。

しかし、お辛いことには変わりありませんし、更に症状が悪化しない為のケアは必要だと思います。


検査

クローバーカイロの施術ではまず初めに目安検査を行います。
この検査では、症状と関係する関節の可動域、患部の触診、神経学検査、筋力テストなどを用いて施術者と患者さんで症状の原因の特定と共有をします。
この目安検査は、施術前と施術後で行い、背術の効果を感じていただく為でもあります。

この患者さんは、首の可動域は大きな問題はなかったのですが、左米神部の圧痛、神経学検査では陽性反応が示されました。
圧痛と神経学検査の2つを頭痛の目安検査として施術を始めました。


施術

まずはアクティベーターカイロで身体全体の神経バランスを整えていきます。
アクティベーター療法について

アクティベータカイロは脳から神経に出された命令が正常に働きているか検査し、異常な状態を正常へと切り替え、様々な症状を改善します。

アクティベーター検査


脳と神経の不調な方は、頭痛に限ったことではなく様々な症状に悩まされることになります。

多くの場合は、アクティベーターカイロの施術で、可動域(今回は可動域は以上ありませんが)や痛みの軽減が見られます。

今回はアクティベーターカイロのみで圧痛がほとんどなくなっていたのですが、神経学検査でまだ陽性反応が示されていたので続けて、脳の学習記憶の施術を行いました。

多くの慢性症状(頭痛をはじめとする筋骨格系症状やジストニア、イップス、めまいやアレルギーなど)は、パターン化されています。

パターン化というのは、【●●という状況で、△△と思って(潜在的感情)、症状になる】のような脳の誤作動記憶です。
もしくは、【五感情報が脳に無意識的に記憶されて、症状になる】等ような無意識のパターンを脳が学習記憶して、頭痛などの症状になっています。

以下のケースが過去にありました。

■パターン1
日中頭痛でお悩みだった方:【●●(職場)で、△△(事務の仕事を間違ってはいけないという潜在的な感情)と思って頭痛になる】

■パターン2
起床時に腰痛でお悩みだった方:【目覚まし時計の音が脳に記憶されて、朝腰が痛い】

このように、脳が場面や立場、感情や五感(視覚、聴覚、身体感覚、臭覚、味覚)など様々なものを無意識的に記憶して、その結果として頭痛などの症状を作り出しているのです。

つまり、慢性症状の場合は脳の学習記憶に対する治療が必要になってくるケースが多いのです。


術後

施術後は神経学検査で施術前に陽性だったものが陰性に切り替わった為に施術を終えました。

施術の判断基準は、症状ではなく施術前に行う目安検査の変化に重点をおいています。

それはクローバーカイロは痛みを消す施術ではなく、あくまでも身体がしっかりと働いて自然治癒力が引き出される状態に戻す事だからです。

しかし、目安検査が改善されるとほとんどの場合において症状が軽減・消失しています。

今回の場合も頭痛自体も無くなったそうで、スッキリして帰っていかれました。

頭痛を始め、腰痛など筋骨格系の症状は、筋肉の問題だからといって、揉んだりほぐしたり、また筋肉が緩まるお薬を飲んだり、注射を打ったらいいという単純な事ではありません。

症状が出る原因を一つ一つ紐解いて施術していく事が、症状改善の近道かと思います。

頭痛を始め、お身体のお悩みでお困りの方は是非お越しください。
心よりお待ちしています。




本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます(^^)



10日間で腰痛を撲滅するメールセミナー LINE

整体 予約

整体 web予約

整体 営業時間

a:123 t:1 y:1